サッカー男子/女子選手留学

サッカー男子/女子選手留学

概要

語学学校に通いながら現地クラブで選手としてプレーします。「英語を勉強しながら高いレベルでプレーしたい」という方もいれば、留学後にヨーロッパや日本などでプロ選手を目指す方もいます。
BAREFOOTでは内容、期間、時期、予算に応じてプログラムをテイラーメイドで作成していきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

イングランドサッカー

女子サッカー

女子サッカーのトップリーグがFA Women’s Super Leagueとして2017年に始まり、選手は全
員プロ契約となってから近年注目度がより高まってきています。
日本女子サッカー同様、イングランド女子サッカーも世界をリードする国の1つで、男子同様フィジカルを活かした堅実なサッカーをするチームが多く存在します。
イングランドとは言え、女子サッカーは男子に比べまだまだ垣根が低いため、プロクラブと強い繋がりがあるBAREFOOTでは、能力の高い選手はプロ選手と一緒に活動できる環境をご提供可能です。
イングランドでも日本女子サッカーの評価は高く、日本人留学生は技術が高いのでチームでも重宝されます。

男子サッカー

プレミアリーグを頂点とし、その下にチャンピオンシップ、リーグ1、リーグ2と合計4つのプロリーグが存在します。5部リーグに相当するカンファレンス・プレミアに在籍するチームの多くはプロチームとなっており、8部リーグまでがセミプロリーグとなります。
プレミアリーグでは華やかな技術や戦術が注目されますが、3部以下はまずは負けないような現実的なサッカーをします。エリートでない限り、下のリーグからは言上げっていかなければ上は見えてきません。
留学生にはまずこの環境で自分のプレーを出せるようになってもらい、どんな環境でもタフにプレーできる選手になってもらいたいと思います。

ビザ

留学生は基本的に11か月まで滞在可能なShort-term study visaを取得します。
こちらのビザではアルバイトも含めて働くことはできませんので、留学中にプロ契約をイングランド国内で勝ち取るということは難しく、活動できるチームは限られます。
ただしレベルの高いクラブでもU18、U23などの下部組織であればどのチームでも試合も含めて活動することが可能です。また、アマチュアリーグではShort-term study visaでファーストチームでの活動も可能です。Youth Mobility Scheme visa(通称ワーキングホリデービザ)を取得できればサッカークラブでも就労することが可能です。

費用

費用も期間、内容に合わせて確定させていただきます。
予算に合わせて遠征内容を確定させることも可能ですので、 まずはお気軽にお問い合わせください。

スケジュール

OGの声

今野 真衣さん
2012年に女子サッカー選手として留学。元々U-15のナショナルトレセンに選ばれる選手で、留学中はLondon Beesというプロチームでプレー。留学後はプロ選手として日本で活躍した。
イギリス留学では、日本では経験できないサッカーを肌で経験できました。そして、慣れない海外生活でもベアーフットのサポートがあったので、困ったことやわからないことがあっても安心してイギリスでの生活を楽しむことができました。素敵なホストファミリーと世界各国の友達と出会うことができ、楽しい海外生活でした!ご縁で、帰国後にチェルシーにゲストプレイヤーとして大会に参加させていただけたのも素晴らしい経験になりました!